裏技で?賢く生きる

ネット上に散らばってている様々な情報のまとめなんかをやりつつまったりと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ朝日侵入方法

テレビ局の入り方第二段は六本木ヒルズにあるテレ朝です。
前回同様この方法では入る事は出来ても、侵入という意味では成り立たない話です。
やはりフジテレビの時と同じく、敷地には入れてもそこから移動出来ないという無駄な情報です。


ではどうぞ。


近頃のビルは、どこも警備が厳しく、入場には身分証の提示が求められる場合がほとんどどです。
しかし、完璧なシステムは難しいらしく、先日もあの六本木ヒルズに入居する某ラジオ局に不審者が闖入するという事件がありました。
そこで、そうした事件が起きない為に、港区赤坂にある某放送局(といえばもうどこの局か判りますが)のセキュリティの抜け道を指摘したいと思います。

まず、この高層ビルの正面を入りますと、右手に受付があり、その奥にガードマンさんが立っていて身分証の提示を求められます。当然、用事がある人しか奥には入れません。

そこで、右に行かず真直ぐ奥に進むと、そこは喫茶室。ここは身分証が無くても誰でもお茶できます。たまにTVで見たことがある人物が打合せをしていたりします。

お茶を飲むとトイレに行きたくなり、喫茶室の脇にあるトイレに行きます。終わって、ふと左の脇を見るとタバコの自動販売機。
ついでに、タバコを買おうかと、機械の前で財布を取出していると機械の奥のスチール扉が開いて、ADらしき人が数人出てきました。

この入り口は、身分証のカードで開く仕組みで、ガードマンが居ません。
ということは、タバコを買う振りして扉の脇にいて、内から誰かが出てきた時にこそっと入れば、身分証無しで放送局内に入れます。

この放送局は、ラジオとTVが同じビル内に入っていて、お目当ての有名人に間近で会うことも出来そうです





さぁさぁ、フジテレビと同じなので特にコメントはないです。
ただ、このような情報がネットに出回ると当然それを察知した企業側はそれに対する対策をします。
なのでネットで情報を得た時には既に対策が施されていると考えた方がいいのかも知れませんね。
スポンサーサイト

フジテレビ本社ビル侵入方法

よくもまぁこんな出鱈目な情報を無責任に垂れ流す人がいたもんだと呆れかえる情報もネットには存在しています。
今回から連続で各テレビ局への不正入局についての情報を書こうと思います。

まずはフジテレビへの不正入局の方法です。
最初にネタバラシしますけど、この情報は嘘です。
何故それが分かるかって?
そりゃ以前この業界で働いていて各テレビ局に出入りしていた人間だからです。
確かに不正侵入は各局ともたまにあるみたいですが、ほとんどの場合内部から引き入れてる人間がいたり関係者のIDを盗んだり拾ったり偽造したりといったもので、今回紹介するガセ情報を始め、ネットに転がってる方法では

100%侵入することは不可能です

それを踏まえた上で今回の記事を読んでください


お台場のフジテレビに入るには、入構証または受付で受け取るその日だけの簡易的な入構証が必要で、それらがないと入り口で警備員に止められてしまいます。
しかし、警備員が配置されていない入り口があるので、入構証なしで入ることができます。


方法

建物の構造としてフジテレビには「メディアタワー(正面向かって)」と「オフィスタワー(正面向かって右側)」があります。
その「メディアタワー」の正面玄関(二重の自動ドア)から入って、すぐ右手の方に行きます。(左手に行くと警備員がいます。夜には入って正面に警備員がいますが、無視して右に行きます。)

10メートル程歩くとすぐに右側に「駐車場行エレベーター」というガラスの扉があるので、入ります。(左側に「ニッポン放送車輌室」という駐車場を管理しているおじさん達の部屋がありますが、気にしないでください。)

入ると、そこはあまり人が出入りがない小さな部屋になっています。
そして、左手には煙草と飲み物の自販機3台と頑丈そうな扉があります。(余談ですが、右手には地下駐車場へのエレベーターがあります、芸能人やお偉いさんの高級車などがたくさんあります。)
その頑丈そうな扉を開けるには、入構証が必要ですが、10分に1回くらいは誰かが向こう側からやってくるので、その扉が開いた時に(閉まる前に)入ります。

なかなか扉が開かない時は、自動販売機の前で選んでいるフリでもしていましょう、というより、あまり人が来ないので気長に待てます。

入った後は、自由に探索してください。
芸能人に会えるといいですね。
入ってしまえば入構証なんて必要ありません。


メリット
・普通の人たちとは違って、お台場の観光場所がひとつ増える。
・お台場の球体にタダで入ることができる。
・社員しか行けない屋上のお台場神社に行ける。
・芸能人に簡単に会えて、サインももらえて、一緒に写真も撮れる。
・番組収録を見ることができる。
・フジテレビ内18階のレストランが利用できる。
・18階に本屋さんがあり、ここは2割引きで本を買うことができる。
・東京湾の花火大会の時は特等席で見ることができる。
・CDルームに行けば、簡単に盗むことができる。
・番組、映画等のマスターテープも入手することができる。
・同業者の方が利用すれば偵察もできる。
・外で売っているフジテレビグッズを盗むことができる。
・高価な器材も盗むことができる。




との事らしいですけど、普段から出入りしている人間から見てみればチャンチャラおかしいです


確かに警備員のいない出入り口というのはありますが、この情報に書かれている扉にはIDを持っていない人間は入るどころか近づけませんww

普通に警備員に捕まりますw
そして警察へ…


さらに、何かの間違いでこの扉へ近づけたとしましょう。
そして運良く内側から扉が開いて侵入出来たとしましょう。

ですがそれまでです。


どういう事かといいますと、この先から内部のスタジオやらのある所謂「テレビ局」へと入るには結局IDがなければいけないのです。
つまり、隔離された場所なんです。

あえて詳しくは書きませんが、こういった重要施設とされている建物の場合常にほとんどの扉はロックされていると考えていただいて結構です。

そのロックを解除するにはそれに相応しい権限を持った人間でなければ解除出来ません。

そして常に防犯カメラによるIDのチェックが行われています。

何が言いたいのかもうお分かりですね?


つまりこの扉になんかの偶然で入れたとしてもそれはテレビ局に入れたのではありません。
テレビ局であって結局テレビ局の外なのです。


これ以上侵入についての説明は要らないと思います。

では、侵入した後のメリットについて

・普通の人たちとは違って、お台場の観光場所がひとつ増える。
→増えません。テレビ局とは言っても所詮ただの会社です。

・お台場の球体にタダで入ることができる。
→入れません。関係者の証であるIDが必要です。不正に侵入しているのですからIDなんて持ってませんよね?

・社員しか行けない屋上のお台場神社に行ける。
→行けません。基本的に屋上に上がるためには内部でも許可を取らなければなりませんので。

・芸能人に簡単に会えて、サインももらえて、一緒に写真も撮れる。
→会えません。もっともすれ違った事を会うと言うのであれば別ですが…。サインももらえません。写真も撮れません。

これについては意外だと思っ方も多いかも知れません。
芸能人は仕事でテレビ局に来局しています。その芸能人に関係者がサインをねだったり写真を一緒に撮ってもらう事などほぼ皆無だからです。
それはとても失礼な事に当たります。
例外としては一緒に長く仕事をしている人で、それなりの信頼関係を芸能人と築けている人でしょうか?

・番組収録を見ることができる。
→出来ません。基本的に制作スタッフはお互いの顔を知っています。そこに見知らぬ第三者が入ってくれば一瞬で気付かれます。

・フジテレビ内18階のレストランが利用できる。
→これは出来ます。普通のレストランですから。

・18階に本屋さんがあり、ここは2割引きで本を買うことができる。
→これも出来ます。

・東京湾の花火大会の時は特等席で見ることができる。
→これは無理です。前述しましたが中は普通の会社です。皆さんも自分の所属する部や課に知らない奴がいたら一発で不審者だとわかるでしょう?

・CDルームに行けば、簡単に盗むことができる。
→行けません。前述の通り権限を持った人間以外は例え関係者であろうとも入れません

・番組、映画等のマスターテープも入手することができる。
→出来ません。同上。

・同業者の方が利用すれば偵察もできる。
→意味がありません。意外かもしれませんが、この業界は横の繋がりがあります。同業の人でしたら普通に申請を出せば入れてしまいます。

・外で売っているフジテレビグッズを盗むことができる。
→これもCDルームと同じく。

・高価な器材も盗むことができる。
→同上。



と、こんな悲しい結果になりました。
こんな情報普通に考えれば、何も知らなくても胡散臭さ満開なんですけど、何をトチ狂ったか実行に移して逮捕されてる馬鹿が年に数人います。

高い金払ってこんなガセ掴まされて挙句の果てに不法侵入で逮捕されている。結局は自分の愚かさが招いている事ですから同情の余地もありませんねwww


みなさんはちゃんと賢く生きましょうね!
FC2カウンター

お知らせ

このブログでは相互リンクを募集しています。

サイト名:~
URL:~


↑このようにコメント欄に書き込んでくれたら すぐリンクに追加させていただきます。

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。